岡山市北区十日市西町6-16
電話での問い合わせ

完全個室でのダイエットパーソナルトレーニング 出張整体&パーソナルトレーニング 今話題のパーソナルトレーナーをつけてのダイエットは勿論のこと、整体&パーソナルトレーニングの出張対応や法人福利厚生での健康サポート等! グランスは皆様の健康、カラダづくりを応援します!

筋トレについて

%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%acまずは、「筋トレ」についてです。ダイエット中に得られる筋トレのメリットは多くあります。筋トレを行って、男性はかっこいい、女性はきれいな身体を手に入れることが出来ます。では具体的にダイエットにおいて筋トレにはどんなメリットがあるのでしょうか?

筋トレで基礎代謝アップ

筋トレと基礎代謝の関係性をお話しする前にまずは基礎代謝とは何かをお話いたします。

基礎代謝と一日の消費カロリーの関係性

基礎代謝という言葉をご存じでしょうか?ダイエットを行ったことがある方は皆さん耳にしたことがあるのではないでしょうか?基礎代謝とは一日何もしなくても生きているだけで消費するエネルギーです。つまり、生きているだけで消費するエネルギーです。内臓を動かしたり、呼吸したり、生命維持活動に必要なエネルギー量です。この基礎代謝は一日のエネルギー消費量の60~70%を占めます。つまりこの基礎代謝が上がれば相対的に一日の消費カロリーが上がることになります。一日の消費カロリーの内訳は

一日の消費カロリー=基礎代謝(60~70%)+活動誘発性体熱産生(身体活動代謝)(20~30%)+食事誘発体熱産生(10~20%)

ではなぜ筋トレを行うと基礎代謝を高める事につながるのでしょうか?

基礎代謝と筋肉との関係性とは

続いて基礎代謝の内訳を見てみましょう。

筋肉39%、肝臓12%、胃腸8%、腎臓7%、すい臓6%、心臓4%、脳3%、その他21%

筋肉の割合が39%あります。つまり、筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がってくるという事になります。つまり

筋トレを行う事で基礎代謝を高め、基礎代謝が高まる事で一日の消費カロリーが高くなり、結果太りにくく痩せやすい身体が作られるのです。

筋トレで脂肪燃焼促進

筋トレは直接的に脂肪燃焼にどんな効果があるのでしょうか? 「成長ホルモン分泌による脂肪燃焼」 「筋トレを行う事で一日の消費カロリーアップ」なんといっても筋トレと脂肪燃焼の関係性はこれに尽きます。
先ほど筋トレは基礎代謝を高めて太りにくい痩せやすい身体を作ると言いましたが、よくある勘違いが筋肉がついて消費カロリーが増えないと代謝は上がらないと考えられているところです。

実は筋トレは行った直後から代謝を高めてくれるのです。言い換えると、筋トレを行った直後から体脂肪は燃えやすくなるのです。
アメリカの研究チームの発表では、筋トレ後48時間代謝が高い状態が続くという報告もあります。

代謝の高い状態が維持されるだけでなく、脂肪燃焼率までも上がるのです。

成長ホルモン分泌による脂肪燃焼とは

成長ホルモンは身体の成長にかかわるホルモンです。思春期前の分泌量を1とした場合、思春期後半は2となり20歳をピークに徐々に減少し、40歳になるころには0.5も分泌されなくなります。

成長ホルモンの主な効果は・・・

・脳 記憶力を高めたり、疲れやストレスを解消

・骨 成長期の子供の骨を伸ばす、大人は骨を強く

・免疫 免疫機能を高める

・脂肪組織 脂肪の燃焼を促進する

・筋肉   筋肉の合成を促進する

成長ホルモンは、分泌されてから一定時間、脂肪の分解を促進し続けます。最低でも5時間は、その効果が持続するといわれています。

体脂肪は脂肪細胞の中でトリグリセリドという形で蓄えられています。成長ホルモンが脂肪の分解を促す作用があるというのは、このトリグリセリドを分解するということです。トリグリセリドは分解されると、脂肪酸とグリセロールという2つの物質になります。