岡山市の完全個室パーソナルトレーニングジム|グランス|GRANCE - 整えながらダイエット! パーソナルトレーニングジム MENU

ダイエットに筋トレが必要な理由

投稿日:2020/12/01
カテゴリー:新着ブログ

体重を減らそうと、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動を熱心に取り組んだり、食事制限を頑張っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ダイエットをするのであれば筋トレを取り入れるべきです。
今回はダイエットに筋トレが必要な理由を解説していきます。

筋トレを行うことによるメリット

ダイエット中に筋トレを行うことで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

自然とエネルギ―消費量が増える

筋トレを行って筋肉量が増えれば、自然と消費されるエネルギー量が増えます。これを「基礎代謝量」といいます。

基礎代謝量は呼吸・体温維持・臓器の活動など、生命を維持するために必要な最低限のエネルギーのことです。

何もしていなくても消費しているエネルギーと考えてよいでしょう。

筋肉は基礎代謝の中で最も比率が多い組織です。

その割合は肝臓の21%、脳の20%を上回る、全体の22%程度と言われています。

重要な臓器や脳以上に筋肉はエネルギーを消費しているのです。

また、内臓や脳の大きさを増やすことはできませんが、筋肉であれば増やすことが可能です。

そのため筋トレが効果的なのです。

基礎代謝量が高い人と低い人が同じ行動で1日を過ごした場合、エネルギー消費量は基礎代謝量が高い人の方が多くなるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

1日でみれば、その差はわずかかもしれませんが、これが毎日、何年も積み重ねるとその差はとても大きくなりますよね。

また、運動を行えば更に消費されるエネルギーが増えますし、運動によって筋肉がつく→基礎代謝量が増えるという好循環を生み出し、痩せやすくなるのです。

見た目を変える

筋肉量が増えれば、カラダのメリハリがくっきり分かるようになります。ただ痩せれば体重は軽くなるかもしれません。

しかし、見た目がよくなるかと言えばそうとは限りませんよね。

筋トレをして筋肉をしっかり残しつつ、体脂肪を減らしカラダのメリハリのあるボディラインを作ることがダイエットの最も目指すべき結果です。

そのためにはダイエット中でも筋トレは取り入れるべきなのです。

美容にも良い

筋トレ後に多く分泌する「成長ホルモン」は、筋肉だけでなく、骨や臓器などの組織のほか、髪の毛や皮膚などの成長を促します。成長ホルモンは年とともに分泌量が低下していくため、筋トレを行い成長ホルモンの分泌量を保つことはカラダの内部はもちろん、外見を若々しく保つことができるのです。

特に筋トレは、他の運動に比べ成長ホルモンの分泌に効果が高いとされています。
実際に筋トレを習慣にしている人をみると、年齢よりも若く見えたり、元気に感じる事はありませんか?
それも筋トレの効果なのです。

おわりに

いままで、筋トレはちょっと…と敬遠していた人でも、ぜひ筋トレにチャレンジしてほしいという思いから、今回は筋トレのメリットを紹介してみました。
ダイエット中にぜひ筋トレを取り入れ、理想の体を目指しましょう。

関連ブログ

コロナ対策

理想のあなたに会わせます 是非一度無料体験をお試しください

岡山発のセミパーソナル、Re:habit